信用金庫のカードローンをピックアップ!

MENU

信用金庫のカードローン・大阪シティ信用金庫

大阪府には大阪シティ信用金庫、大阪信用金庫、北おおさか信用金庫という3つの大きな信用金庫がありますが、預金総額や貸出総額などで一番規模の大きいのは大阪シティ信用金庫です。

 

2013年に大阪市信用金庫、大阪東信用金庫、大福信用金庫が合併して設立されますが、この合併によって大阪信用金庫を抜いて大阪府内で最大の規模になりました。大阪シティ信用金庫には「アトワンス」、「アトワンス・レディース」という2つのカードローンがあります。

 

アトワンス

利用条件は勤務歴が2年以上(個人事業主は3年以上の営業)です。パート・アルバイト、専業主婦も利用できますが、学生の申込は不可です。

 

利用限度額は20万円から500万円の間に8つのコースがあります。ただ、100万円・200万円コースを利用する場合は年収が300万円以上、300万円コース以上を利用する場合は500万円以上が必要です。

 

また、パート・アルバイト、専業主婦は30万円コースまでしか利用できません。なお、利用限度額200万円以上については収入証明書の提示が必要になります。

 

金利は50万円コースまでが14.6%、100万円コースが9.8%、200万円コースが8.8%などとなっており、銀行カードローンの金利よりお得です。

 

約定返済は毎月10日の大阪シティ信用金庫口座からの引き落としで、約定返済額は利用限度額によって決められており、50万円コースまでは1万円、100万円コースは2万円、200万円コースは4万円などとなっています。なお、ATMからの任意返済も可能ですが、任意返済でいくらの額を入金しても約定返済は行われます。

 

申込はホームページからも可能(自宅に固定電話のあることが条件)になっており、15時までに仮審査に申込むとその日の内に審査結果の連絡が来ます。

 

仮審査に通過した場合は本人確認書類を持参して店舗に行って正式申込の手続きをします。なお、パート・アルバイト、専業主婦はインターネットからの申込はできません。

 

アトワンス・レディース

女性専用のカードローンです。一般タイプと違ってインターネットからの受付はしていないので、店頭窓口で申し込むしかありません。なお、専業主婦は申し込めますが、学生の利用はできません。

 

利用限度額は10万円・20万円・30万円・50万円の4コースがあります。金利は一律9%になっており、一般タイプよりかなり優遇されています。約定返済は毎月10日の大阪シティ信用金庫口座からの引き落としで、約定返済額は利用限度額ごとに決まっており、10万円コースは3千円、20万円コースは5千円、30万円コースは7千円、50万円コースは1万円です。

信用金庫のカードローン・岐阜信用金庫

岐阜県にある最も大きい信用金庫が岐阜市に本店のある岐阜信用金庫であり、岐阜県の他の信用金庫の2倍以上の規模となっています。

 

岐阜信用金庫には「ぎふしん大型ローン」、「エリートワン」、「ぎふしんきゃっする」、「中山道」という4つのカードローンがあります。

 

ぎふしん大型ローン

名前のごとく、貸出限度額は1,000万円と高額になっています。金利は4.5〜12.5%で、少額の借入でも銀行カードローンに比べるとお得な金利で利用できます。金利の内訳は4.5・7.5・9.5・12.5%の4パターンになっており、審査によって適用金利が決められます。

 

約定返済は毎月10日の岐阜信用金庫口座からの引き落としで、約定返済額は借入残高によって変動し、借入残高が50万円以下の時は1万円、50万円超100万円以下では2万円、100万円超200万円以下では3万円などとなっています。任意返済として、ATMからの入金もできます。

 

エリートワン

利用条件は同一勤務先に2年以上勤務(同一事業を2年以上運営)しており、且つ、年収(所得)が300万円以上あることです。利用限度額は100万円・200万円・300万円・400万円・500万円の5コースになっていますが、利用限度額の2倍以上の年収が必要です。

 

金利は4.8%と8.0%の2種類になっており、審査によって決められます。仮に、8%になったとしても、200万円までの借入であれば、都市銀行のカードローンより数段お得になります。なお、金利の割引サービスがあり、岐阜信用金庫の住宅ローンを利用していると、0.5%が引かれます。返済方法は大型ローンと同じで、約定返済額もほぼ変わりません。

 

ぎふしんきゃっする

パート・アルバイト、専業主婦でも利用できます。利用限度額は50万円から300万円の間に10万円単位で設定できますが、専業主婦は50万円が上限です。金利は100万円までが14.5%、100万円超が12.5%になっており、他のカードローンと比べると金利面での魅力がありません。

 

返済方法は大型ローンと同じですが、約定返済額が借入残高30万円以下の時に5千円、30万円超50万円以下で1万円、50万円超70万円以下で1万5千円になっており、借入額が少額の場合は返済しやすくなっています。

 

中山道

利用条件は同一勤務先に1年以上勤務(同一事業を2年以上運営)しており、且つ、年収(所得)が150万円以上あることです。利用限度額は50万円と100万円の2コースで、金利は一律12%です。

 

どちらのコースでも銀行カードローンより低い金利で利用できます。返済方法は大型ローンと同じですが、約定返済額が借入残高に関わらず、50万円コースは1万円、100万円コースは2万円になっています。

信用金庫のカードローン・京都中央信用金庫

全国には多くの信用金庫がありますが、中でも最大規模を誇るのが京都府にある京都中央信用金庫です。京都中央信用金庫は7種類ものカードローンを扱っています。

 

中信カードローン

利用条件は同一勤務先での勤続年数が1年以上、年収が150万円以上あることです。ただし、70万円コースについては勤続年数が3年以上、年収200万円以上が必要です。また、京都中央信用金庫に口座が無ければなりません。

 

利用限度額は10万円・30万円・50万円・70万円の4コースで、金利が一律13.9%になっており、銀行カードローンに比べると割安です。なお、中信カードローンは総合口座にセットされるためにローンカードが無く、キャッシュカードにローン機能が付加されます。従って、口座からお金を引き出す時に預金額が不足していた場合にのみ、カードローンから貸出が行われます。返済においては約定返済が無く、利用者が任意の日に任意の金額を口座に入金する随時返済であることが特徴です。

 

ちなみに、自動融資サービスが備わっているため、公共料金やクレジットカード代金などの決済時に預金残高が不足している場合は、不足額を自動的に融資してもらえます。

 

プレミアムカードローン

年収500万円以上、且つ勤続(営業)年数5年以上が利用条件であり、サラリーマンの平均年収以上の収入が必要です。利用限度額は100万円・200万円・300万円の3コースで、金利は100万円コースが7%、200万円コースが6%、300万円コースが5%になっており、条件の厳しい分、金利は非常にお得感があります。

 

借入はローンカードを使ってATMから行い、返済は毎月10日の京都中央信用金庫口座からの引き落としです。約定返済額は借入残高が10万円以下の時に3千円、10万円超30万円以下の時は5千円、30万円超50万円以下の時は1万円などとなっています。なお、ATMからの任意返済も可能です。

 

ミニカードローン

中信カードローン同様、総合口座にセットされます。利用限度額は10万円・30万円・50万円の3コースで、金利は13.9%です。返済も中信カードローンと同じ随時返済となっており、中信カードローンとの違いは勤務年数や年収に制約の無いことと、70万円コースの無いことです。

 

ちゅうしんきゃっする

貸出限度額は500万円です(専業主婦は50万円に限定)。金利は100万円以下が14.5%、100万円超200万円以下が12.5%、200万円超290万円以下が9.5%となっており、100万円以下は銀行カードローン並みですが、100万円を超えると若干割高です。借入・返済方法に関してはプレミアムカードローンとほぼ同様です。
(参考サイト:カードローン審査まる分かりチェック